レディースキャッシング在籍確認マスター

レディースキャッシング在籍確認マスター | 女性が家族にバレず内緒に安心してお金を借りるならどうすればいい?

当サイトでは、女性が家族にバレずに内緒で安心してお金を借りるために、レディースキャッシングができる消費者金融・銀行の審査と在籍確認について解説しています。

伊予銀行カードローン『新スピードカードローン』の審査の在籍確認で職場電話連絡はなし?増額は可能?

読了までの目安時間:約 9分

 

新スピードカードローンの伊予銀行カードローンは増額可能?審査の在籍確認では職場への電話連絡なし?

伊予銀行とは四国愛媛県を中心に運営されている地方銀行のことです。

支店は愛媛県内に117店舗もあり、店舗数・ATMの台数は愛媛No.1となっています。
それだけでなく、東京都や愛知県、大阪府や広島県など県外に33店舗もの支店があるなど、地方銀行でありながらかなり大規模な銀行だと言えます。

そんな伊予銀行が取り扱っている銀行カードローンの名前は『新スピードカードローン』。
平成26年3月1日現在で20万人以上もの利用者がいるカードローンです。

申し込みには県外や支店のない地域の方など全国どこからでも申し込むことができます。

しかし、連絡・審査・契約手続きが行われるのは銀行運営日つまり平日(月曜日~金曜日)のみとなります。

また、伊予銀行の口座をお持ちでない方はカードローンの申し込み受け付け後に自宅にカードローンと口座開設用の契約書が送付され、その後記入した契約書を伊予銀行へと返送する必要があります。

そのため、伊予銀行のサイト上では即日借り入れも可能となっていますが、口座を持っていない場合は利用までに1週間以上かかることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

また、口座を持っている場合でも土日祝日に申し込んだ場合は即日融資が受けられないと考えた方がいいです。

それでは、伊予銀行の審査で行われる在籍確認では職場電話連絡はないのでしょうか?
この答えはノー、つまり職場電話連絡はあるということになります。
何故電話連絡が行われるのかについては、後半の記事で詳しくご説明したいと思います。

また、増額を希望される方の場合、正社員になり年収が上がった・結婚した、などの条件をクリアすれば、再審査で融資額を増額してもらえる可能性は高くなります。

パートやアルバイトの方でも申し込みをすることは可能ですが、やはり正社員である・年収が高いといった社会的ステータスの高い人ほど融資額は上がる傾向にあります。加えて、独身者よりも既婚者である方が融資額が高くなりやすいです。

ただし、融資額は10万円単位で審査されるため、基準に満たなければ再審査をしてもらっても思った以上に増額しない可能性も十分に有り得ますのでその点はご注意下さい。

明日公共料金の支払いなのにお金がなくてピンチだからすぐにでも借りたい!
在籍確認の電話連絡はできればしないでほしい…。

そんな方の場合は、伊予銀行よりもプロミスやモビットをオススメします。

プロミスもモビットも土日祝日を含め、毎日即日融資の申し込みを受け付けています。
消費者金融ならではのスピーディーな審査回答のため緊急時ほど強い味方となってくれるカードローンです。

プロミスの場合は初めての借り入れから最大30日間無利息となるサービスがある、モビットのWEB完結申し込みなら職場電話連絡なしで融資を受けることができるといった特徴がそれぞれのカードローンにあります。

後半では、伊予銀行とプロミス・モビットの大手消費者金融カードローン2社の特徴を更に比べていきます。
是非ご覧下さい!

プロミス

モビット

imasia_4781690_XL

なぜ伊予銀行カードローン『新スピードカードローン』の審査の在籍確認は職場電話連絡なの?

前回は伊予銀行カードローン『新スピードカードローン』には審査の際に在籍確認として職場電話連絡が必須であることをお伝えしました。
それでは、なぜ審査項目の中にこのような項目があるのでしょうか?

その最大の理由はお金の貸し借りというものは互いの信頼関係に成り立つものだからです。
借りる側は事前にどこのカードローンで借りるのが自分にとって一番得なのかを調べてから申し込みを行います。

例えば、一回だけの利用にとどめたいけど金利を払うのはもったいない、という人ならプロミスのような無利息サービスのあるカードローンを選ぶのがお得ですし、どうしても職場への電話連絡をしてほしくないし自宅へ郵送物が送られるのもやめてほしい!

審査に必要な在籍確認の電話であったとしても、職場や家族に少しでも不信感の種を植え付けるような連絡はしてほしくない!
ということであれば、モビットのWEB完結申し込みならその助けとなってくれるかもしれません。

つまり、人が自分に合ったカードローンを選ぶときは必ずしも低金利だからという理由だけで選ぶわけではないということです。

特に、初めてカードローンを利用したいという人ならば、たとえ審査に必須であったとしても職場電話連絡されるというのは不安なものです。
その不安を少しでも取り除くために人はどこのカードローンなら安心して申し込めるのか?

ということを知ろうと色々な口コミや体験談を参考にします。
この記事をご覧になっているあなたもそんな方の一人ではないでしょうか?
つまりこれが借りる側が貸す側を調べるということです。

反対に、貸す側、つまり銀行や消費者金融といった金融機関は借りる側の人とはほぼ100%初対面です、仮に担当者の人がプライベートで知っている人であったとしても、金銭という大事なものを取り扱っている以上審査の際には初対面の人と同じく書面という目に見える情報をもって厳正に審査が行われます。

そして、その審査項目でも特に重視されるのが「この人はお金を貸してちゃんと返してくれるのか?」ということです。
消費者金融や銀行の多くは、貸付条件として「勤務先から給料をもらい安定した収入を得ている人」であることを条件としています。
働いて毎月一定の収入を得ているということはつまりお金を借りたとしても毎月一定の額を返済できる「あて」があるということになります。

そのため、金融機関の多くは申告された勤務先に在籍しているのかということを重要視するのです。

かといって、わざわざ担当者がカードローンの申し込み者一人一人の勤務先に足を運んでいたのでは非常に手間がかかりますし、申し込み者にとってもカードローンの担当者が来たということは職場に簡単にバレてしまい嫌な思いをしてしまいます。

かといって、確認を取らなければ金融機関にとっても借りたい人がちゃんとお金を返してくれる人かどうかが分からなくて困る…。

その両者の思惑が合致したのが職場電話連絡なのです。
電話ならば、担当者も自分の素性(金融機関の職員であること)を悟られることなく、申し込み者が勤務先に在籍しているのかを知ることができます。

一般的に、カードローンの在籍確認の際の電話連絡は個人名で行われます。
そのため、職場の人にバレる心配はありません。
これは、銀行・消費者金融に関わらずです。

つまり、電話連絡による在籍確認銀行カードローンであっても消費者金融カードローンであっても慎重に行われるということになります。
そこでオススメしたいのがプロミスやモビットなどの消費者金融なのです。

その理由は、プロミスなら無利息期間があるというメリット、モビットならWEB完結申し込みで職場電話連絡なし・郵送物なしとなる、書類のみの在籍確認によるプライバシー保護の強化といったメリットをそれぞれ持ちます。

そして、両者の強みは消費者金融の持つスピードと便利さです。
土日祝日でも即日融資を受けることができますしモビットなら申し込みから審査結果の回答までを最短30分で行ってくれます。
プロミスも22時までカード申し込みができる自動契約機が全国に設置されているなどどうしてもすぐにお金が必要!

という時には、伊予銀行の新スピードカードローンといった地方銀行カードローンよりも素早く対処してくれます。

だからこそ、プロミスやモビットは日常の「困った…」の声に応えてくれる強い味方となってくれるのです。

プロミス

モビット

imasia_4711004_XL



※モビットの即日融資(振込)については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

 

地方銀行カードローンの審査と在籍確認を解説   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る